精神科医と臨床心理士

精神科医と臨床心理士

心理カウンセラー憧れの資格。精神科医と臨床心理士の大きな違いは医療行為ができるかどうかというところです。
医者は患者の状態や必要に応じて投薬することができるのに対し臨床心理士はそういったことはできません。

大きな違いのほかにも、病院や医者にもよりますが、診察料金が一律して変わらないため、時間をかけたカウンセリングを精神科医は行うことが少ないといわれています。
いで言うと医者は目につく症状や病気の治療に取り組みますが、臨床心理士は"心理"とつくように心の中の葛藤などにも向き合っていきます。

そして問題の解決をするためのアドバイスをすることを目的としています。
治療は精神科医と臨床心理士で手を組んで行っていきますが、そう区別しています。

臨床心理士との違い


しかし、精神科医だけで治療を行う場合もあり、臨床心理士と行う心理療法というものは病気に沿って行う人と行わない人がいます。精神科医が患者の状態を見て、心理療法が最適だと判断した場合にそういった治療法を視野に入れることがあります。


病気の診断をつけるのも医者になります。
あくまで臨床心理士は患者の心に寄り添いサポートをするという形がとられています。


精神科医や臨床心理士との相性で大きく変わってきます。
相性が合うことで気兼ねなく何でも会話ができたり、少しでも患者が楽になることがあります。

専門の人と話すことと周囲の人と話すのとでは大きく変わります。

特に臨床心理士はうまく伝えづらい事も引き出しやすく促してくれるので安心感を持つことができます。

その信頼関係が出来ないと患者側からしても意味がなくなってしまうのです。


反対に精神科医は症状やどういった人間性なのかを理解した上でのアドバイスをしているため、患者の今できること、今やるべきことを教えてくれます。


今はストレス社会なので、それも原因の一つとして精神科を受診する人も増えてきています。
ストレスをうまく回避していくために精神科を訪れる人も多いので解決に結びつく、そんな環境を医師と心理士でとることが大切です。

詳しくはココ